ビビデ・バビデ・あぶぅ~

愛犬あぶとの日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、あぶの体の事、あぶの仲間、私の大切な友人達に支えられた事を書いてみたいと思います。
ブログで、ホントは一番に書きたかった事。長くなるかもしれないけど、読んでくれたら嬉しいです。

2007.3.31
その日は、突然やってきました。朝はいつものように私を玄関まで見送ってくれたあぶ。
帰宅後、部屋にはおしっこ失敗の後。失敗なんて具合の悪い証拠。変なおすわりをして、目には涙が・・・「あぶ、おいで」と呼んでも歩きません。下半身がフラフラでした。ちょうど去年の5月にも同じ症状が見られたので焦る事はありませんでした。去年は、注射(ビタミン剤、脊椎への栄養剤)とレーザー治療であっという間に完治したんです。今回もそんな軽い気持ちでした。
翌日病院へ。「すぐにMRIを撮って」と言われ、撮り終わり映像をみて、「すぐ手術だね」
「は?!どうなってんの?すぐ治らないの?」
脊髄は生きています。時間がとっても貴重です。症状がでて、1~2日以内に手術、治療を行わなければ、脊髄は死んでしまい、二度とその機能を果たす事が出来ません。あぶの脊髄はそこまできていたんです。何かが、腰の辺りの神経を圧迫しているのです。
あっという間に手術に入院。手術は、二時間半。麻酔の効きにくいフレンチには危険がいっぱい。
不安でたまりませんでした。術後、先生からの説明に、私は愕然としました。
「すごく、残念です。原因不明の何かが神経を遮断しているんだ。だから、すぐには歩けない。あぶの様子を見ながら治療して行こう。絶対はないから。いい方法を見つけて、治療しよう」と・・・
CIMG0256.jpg
これは、手術翌日の写真。とっても元気に私を見てくれました。あんな長い時間の手術だったのに、ご飯もたくさん食べて、病院のお姉さんと遊んで。歩けなくなっても、あぶの元気は変わりませんでした。この数日間、私はたくさんあぶに謝りました。こんな事になって。歩く事、走る事を奪ってしまって、飼い主失格だと。
CIMG0260.jpg
背中の半分も開いて、痛かったよね、辛かったよね。ごめんね、あぶ・・・
術後の経過は順調だったので最悪の状況(全身麻痺)には至らず、一安心。でも、私にはまだ現実を受け入れる事が出来ませんでした。毎日のように、あぶを抱きしめて泣いていました。
あぶの退院後、ぶんぶん一家が一番にあぶをお見舞いに来てくれました。
P姉、殿、小鉄ママ、アクセルママ、パパ、ヒゲ、ぶぅまま、ソラママ、池袋ぶんた、ぬいぬい、ムラ、みき、みや、ぶんちゃん、ちか  他にもたくさんの人があぶを見舞ってくれました。
小さい頃から、あぶを「かわいいなぁ~!!」と言って親身に診てくれた病院の先生。本当に感謝しています。
そしてみんなで、これからのこと一生懸命考えてくれました。誰も、あぶを「かわいそうな子」とは言いませんでした。私は、ホントに嬉しかった。無知なまま、フレンチを飼いだした事を後悔したりしたけど、私とあぶはホントに幸せものだと思いました。
結局、レーザー治療、リハビリ、栄養剤も全く効果が出ず、「脊椎疾患による後躯麻痺」簡単に言えば、「下半身麻痺」です。
みんなが私の知らないとこで、「あぶの為の車椅子」を作成
ヒゲ、ぶぅまま、ぶうぅは、遠いのにわざわざ家まで来てくれて、真剣にあぶの体を見て、採寸してくれました。蜜氏、コジコジは、何かあると、すぐに来てくれました。
小鉄ママ、殿は、家が近いから。とみんなで出掛ける時迎えに来てくれたりしました。
子供用のパンツをはかせていたら、池袋ぶんたママは「はい。あぶにはかせなさい!」って。
子供用のオムツを使っていると言ったら、みやが「たくさん会社にあるから、もらってきたよ!」
「何が必要?」ってムラに言われて。「おしりふき」って言ったら、遠いのにたくさん買って来てくれて。
CIMG0827.jpg
もちろん、車椅子なんてつくるの初めてなのに。こんな素敵な車椅子を作ってくれました。私の意見もたくさん採用されています。何度も何度も採寸したり、作り直したり・・・CIMG0825.jpg
こんなカッコイイ、ハーネスまで作ってくれました。遠くてなかなか集合出来ないから、それぞれがあぶのために、本当に「ありがとう」なんて言葉じゃ足りないです。
ただ同じ犬種を飼っている。よく遊ぶ犬友達。なのに、みんな自分の子の事のように一生懸命になってくれました。
あぶはホントに幸せ者です。今でも、みんなにたくさん愛されているのがわかります。
次は、私とあぶがみんなを助けて行こう。って思います。
ホントにホントに、ありがとうございます。車椅子は、大事に大事にします。みんなの愛情がたくさん詰まってるんです。一生の宝物になりました。あぶもみんなの気持ちが伝わっているはず。
あの時は、ホントにみんなに助けられました。みんながいなかったら、きっと乗り切れなかったです。そして今でも、普通に遊びに誘ってくれたり、あぶに会いに来てくれる私の古くからの友人。
本当にありがとうございます。そして、これからも、あぶと私をよろしくお願います。

最後まで、読んでくれてありがとうございます。CIMG0829.jpg
(↑これは2歳のとき)

~車椅子の作成に携わってくれた方々~
蜜氏、コジコジ、殿、小鉄ママ、ヒゲ、ぶうぅママ。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。